時短勤務の魅力とは

短時間勤務制度が大半の法人に対して義務化されたことにより、看護師が勤めている職場では大抵利用できるようになりました。子育てをする女性にとって魅力が大きな制度であり、看護師であっても仕事と子育てを並行して行えるようになるでしょう。短時間勤務制度は福利厚生の一つとして紹介されていることが多くなっています。

法律上では子供が三歳児になるまでは就労時間6時間を上限として短縮できる制度となっていますが、細かな内容については職場で決められるようになっている制度です。現場によって仕事内容が異なっているからであり、基本的には子育てをするのに支障がないように就労時間を短くしつつ、その他の配慮も行う仕組みになっています。看護師の場合には子育ての障害になりやすい夜遅くの勤務を無くすというのが基本方針として取られている職場が多いでしょう。残業の免除も法律で定められているものですが、勤務時間帯については職場によって多少異なります。夕方以降の勤務を一切なくすという形を取っていることが多いものの、勤務時間を何時から何時とするかは職場次第です。夜勤も免除するのが基本になっているので、生活も安定しやすくなるでしょう。

子育てを支援する制度として短時間勤務制度は女性を助けるものになります。法律の枠を出る部分については職場によって異なっているのは留意が必要です。予め福利厚生の内容をよく比較して将来に備えておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です